工場の求人はここをチェックしよう

日本における製造業は今も昔も高品質が一番の武器です。人件費が高騰する日本においてモノづくりをするということはそれだけ付加価値がなければ世の中に必要とされません。しかしながら現実は自動車や家電、工作機械など様々な分野においてメイドインジャパンが必要とされています。そのため各企業も海外では普及技術を使用していますが、コアな技術を要するモノづくりでは日本を拠点としてします。しかしながら昨今は、IT技術の発展や各種サービス業の大企業化に伴い、製造業で働くことを希望する人が減ってきています。そんな日本の工場では人手不足が深刻化しており、現在も多くの採用活動を行っています。ここでは工場勤務を希望する人がチェックすべき求人内容について見ていきたいと思います。

大手企業では将来の転勤があることを覚悟する

求人を見ていると、誰もが知っているような大手企業からあまり知られていない中小企業まで様々です。もちろん誰だって大手企業に勤めたいと考えるかもしれません。しかし大手企業の求人でも気をつけなければいけないことがあります。それが転勤の可能性です。一般作業を行う技能工の職種であれば転勤の可能性は低いですが、技術職や営業職では、将来的に転勤の可能性が非常に高いです。これは大手企業では将来的な幹部になるためには必須であると言えます。国内での転勤であればまだ良いほうで、実際には海外での工場へ赴任することがほとんどです。それも家庭を持ち、子供が小さいくらいの30代から40代のいわゆる働き盛りの年代が一番多いです。ひとたび海外赴任がきまれば短くても3年はいく必要があります。そのため自分の人生設計と照らし合わせて、企業の名前だけでなく将来起こりうることを想定することが必要です。

中小企業は自己資本かどうかを確認する

どうしても有名な企業に目が行きがちですが、日本には優良な中小企業が山ほどあります。給料待遇や福利厚生などにおいても大手とさほど差がない企業も多いです。中小企業を選ぶ場合は、まずその会社が何を作っている会社なのかをしっかりと理解することが重要です。中には大手企業の出資金が非常に多い企業もあります。こういった企業では経営権を大手企業が有していますので、簡単に事業再編や統合がされることがあります。逆に自己資本のみで経営を行っている企業は、特有の技術や商材を持ち合わせているかがポイントです。単に下請け仕事をしているような企業ではいくらそれなりの待遇が示されていても将来性という点で不安定となります。このように工場というのは多くの求人が出ていますが目先の給料待遇などばかりに注目をしていると将来思いもよらない道を歩む可能性があるのです。