工場で働く求人にも色々な種類があります

これから就職や転職を考えている人なら製造業への就職を考えてみたことはあるのではないでしょうか。製造業といえば真っ先に思い浮かぶのが工場での作業だと思います。作業着を着て、油にまみれて何かを作っているイメージではないですか。もちろんそういう昔ながらの仕事であるいわゆる技能工と呼ばれる職種も存在していますが、今の製造業はそれ以外にもたくさんの職種があります。営業や販売、サービス業などと違って、一つの製品を作るにはたくさんの人が様々なルールに基づいて仕事をします。そんな多くのチームで仕事をするのが製造業の魅力とも言えます。また製造業は製品を作って売ると言う非常にわかりやすいビジネスモデルです。そんな製造業で必要となる様々な職種を紹介していきたいと思います。

製造業における直接作業の職種とは

製造業の仕事内容は、直接作業と間接作業に大別することが出来ます。直接作業とは、簡単に言えば直接的に製品を作る仕事のことです。その代表的なものが技能工です。技能工と言っても仕事内容は幅広く、機械を操作するオペレーターからきさげ作業、溶接など専門とする分野で仕事をします。これら仕事は製造技術職とひとくくりにされることも有ります。次に生産技術職です。こちらは直接自分が製品を作ると言うよりも、製品をより合理的に生産するための設備の導入や、生産方法の確立などを行います。これら直接作業の仕事は、その道のプロになるためには、ある意味一生の年月を費やします。技術は日進月歩で進化するため、数年前の技術が陳腐化することが多々あるからです。企業にとっては自社のコア技術を象徴する職種のため、求人件数は非常に多いです。

製造業における間接作業の職種とは

先程の直接作業と異なり、間接作業は製造を補助する役割を持ちます。例えば営業職ですが、製造職の人自らが営業にでていては全く仕事が進みません。そのため専門の職種である営業職が顧客へ営業します。他には品質を管理する品質保証職、工場品質職、検査職などが有ります。これら以外にも生産がスムーズに行えるよう日程管理を行う生産管理職、購買品や仕入れ管理をする調達など様々な職種がスムーズに生産出来る様にバックアップしているのです。ただし注意したいのは、これら間接作業をする職種にもある程度の自社技術や製造に関する基礎知識が必ず必要になってきます。工場の求人では常に募集するというより、欠員が出た場合に急遽求人が出されることが多い職種です。また、服装も完全に作業服というわけではなく上着だけ作業服を羽織るというスタイルがほとんどです。