どんな工場の求人が見つけやすいのか

工場の求人で見つけやすいのは、大手のメーカーからの大量募集となるでしょう。リーマンショックから約9年が経過して、日本の製造業も景気が回復してきています。地元の中小企業などでは、常に求人が出されているわけではありませんが、大手のメーカーでは、かなり頻繁に大量募集がかけられています。自動車工場の期間工の仕事などは、その代表例です。期間工の仕事は3ヶ月~6ヶ月くらいの契約期間になりますが、契約が終了して辞めていく人もたくさんいるので、それなりに頻繁に募集がかけられています。大量募集がかけられている求人というのは、人員が不足している傾向があるので、入社祝金などの特別な手当てが支給されることも多いです。企業は大量に人員が必要な時、それなりに良い条件を出して募集をかけます。

寮完備の仕事は見つけやすい?そのメリットとは?

寮完備の仕事は、とても見つけやすいです。仕事を探す時、ほとんどの人が重視するのが、自宅からの距離です。好条件の仕事であっても、自宅から2時間以上もかかるところに勤務先があったら、諦めざるを得ないでしょう。1日のうち、往復で4時間も通勤時間にとられてしまいます。多くの人は、自宅から30分~1時間くらいの距離の中で仕事を探さなくてはなりません。しかし例外的に、寮完備の仕事なら、自宅からの距離を気にする必要はありません。しかも、敷金や礼金などの初期コストは会社が負担してくれていますので、初期コストを気にせずに寮に入ることができます。中には寮費が無料という待遇の仕事もあります。自動車工場の期間工の仕事なら、寮費だけでなく水道光熱費も無料となっています。

平均的な時給は?好待遇の求人を探す

工場の仕事では、時給が低いほど採用されやすいとは限りません。時給が800円のバイトでは断られたが、時給が1200円の仕事に応募をしたら採用されたという話もあります。どのような職場でも、手を抜いて働いている人はいません。「楽そうだから」という理由で時給が低いバイトに応募をすると、かえって不採用になりやすくなります。自分が納得をして働けるような仕事を探すようにしていれば、好待遇の仕事でも採用されやすくなります。面接ではやる気や熱意なども見られます。平均的な時給は、軽作業なら900円~1000円、マシンオペレーターなら1000円~1300円、自動車メーカーの期間工の仕事なら1200円~1400円くらいになるようです。仕事によってかなり差がありますが、給料で選ぶより、自分の能力を最大限に活かせる仕事を探したほうが良いです。